ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

徳を積んで明るい未来にする

偽善者とわかっていてもね、いいことしたい。

いいことして、徳を積みたい。

 

打算的だけど、それもありかなーと思う。

始めは打算的な気持ちだったとしても、いつの間にか習慣になっているかもしれない。

 

無意識のうちに できるようになれば、一段ランクアップしたのかなーと思う。

 

自分自身がちょっと頑張っているとき、他の人を雑に扱ってしまうこともある。

我先にと図々しくしてしまうとき。

 

そればかりでは、ガツガツ系に振れ過ぎてしまうのでバランスをとりたい。

ちょっと控えめ系、相手のことを気遣う系になりたい。

それが僕の中でいう「徳を積む」こと。

 

ちょっとばかり自我を抑えて、誰かのためにやってみる。

できれば、知らないあの人、全く関係ないあの人の為がいい。

 

リターンを気にするようなこともしないし、それっきりならそれっきりのほうがいい。

 

誰かに何かをしてあげることによって、徳を積むことを勉強したい。

 

徳を積むと思う行為をすることで、目線も変わるんだろうなーと思う。

頭で考えている以上に、相手のことを考えられるようになったり。

今まで気付かなかった小さなことに、目を向けられるようになったり。

 

ギブアンドテイクではなく、ギブギブギブにしようぜ。

なーんて言っているような人と近いこと。

 

ギブすることが、いわゆる徳を積むことになる。

 

頭の中で考えるのはとても簡単だけど、それを行動に移すのは非常に難しい。

一歩を踏み出せなくなる。

やっていることの難易度が難しいのではなく、心をもってやれるかどうか、という一歩目のところ。

 

自分の気持ちを自分だけでぐるぐる回していても、息が苦しくなるだけ。

それを外に向かってやれるようになりたい。

 

徳を積むこと。

 

 

お金持ちは徳を積む

お金持ちは徳を積む