ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

ワクワクを考えていたら、人生が絶好調になってきた

人生の軸が一つ増えた。

「ワクワクして生きる」こと。

 

20歳の頃からは、

「周りの人を楽しませたい」

と思って生きてきた。

 

具体的に、何かをしてきたわけじゃ無い。

その一方で、自分が楽しめていたかと言われると悩むところ。

 

だから「ワクワク」という軸を持つことにした。

ワクワクしたことを目の当たりにしたら、興味しかでてこない。

 

今日は懇親会があった。

その後に数人で飲み直したのだが。

たまたま声を掛けて下さった方が、システムエンジニアの方。

知りたいことがたくさんでてくる。

興味津々なスズキ。

めっちゃワクワクしてる。

 

ワクワクしてると、相手のことを知りたくなるし、質問もする。

今までの自分の知識を頭の中から引っ張り出して、点だった知識を線にしていく。

 

これって、アナザーライフで教えてもらったインタビューの仕方と同じだ。

相手の言ったことに自分の知識をくっつけて、深掘りしていく。

インタビューの対象相手が、もっと話したいと思うように。

「それって、こういうことですか」と聞く。

相手が「オレの言ってること、ちゃんと伝わっている」と納得して頂けると、次の情報が出てくる。

それをどれだけ引っ張り出すかが、インタビュアーの腕の見せ所だ。と。

 

難しいことを考えていたけど、これって興味を持つことからスタートするぞ。

実際は、そんなに難しいことじゃなかったのだ。

 

僕がインタビューに対して苦手だった。

僕が人に対して苦手だった。

僕が懇親会に対して苦手だったのは。

相手に興味を持たなかったから。

 

ワクワクしなかったのが一番の原因だ。

そして、そのワクワクを押さえつけていたのも自分自身だった。

 

先日も、話をしていた中で

「楽しいコトしかやらない、僕が選択するときの判断は楽しいか、楽しくないかだけだ」

とアドバイスして下さったかたがいる。

 

ズバリその通りだった。

楽しいコトを、ワクワクすることを考えると、どんどん知りたくなってくる。

 

じゃあ、どうして今までそれをしなかったのか。

頭で考えて納得していた。

検証もせずに、知っている知識だけで解決させていた。

ワクワクしていることがカッコ悪いと思っていた。

結局は自分自身で蓋をしていたのだ。

 

これはヤバい。

質問すると、どんどん色んなコトを教えてくれる。

めっちゃ楽しい。

よかったら仕事を見に来ればいいよ。と言ってくれる。

相手に興味を持つと相手も返してくれる。

 

それに気づかなかった僕の人生は、つまらなかっただろうなぁ。

今になってそれに気付いた。

これからの僕の人生は、楽しくなっていくだろう。

 

興味を持つこと、ワクワクすること。

それを考えるだけで、グイっとテンションが上がってくる。

 

まさに人生絶好調になっている。

 

 

ソース?あなたの人生の源は、ワクワクすることにある。

ソース?あなたの人生の源は、ワクワクすることにある。