ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

明るくて元気なことを伝えたいんだけれどね

明るくて元気なことは、わざわざテキストにしなくても楽しい。

 

気持ちも外に向かってるし、わーー楽しかったーーーー。となる。

が、面倒なこと、暗いこと、失敗したことは、内に内に向かっていくので、凝縮されてくる。

失敗なんかは、改善点を見つけたり、次につなげたり、、、と考えることがたくさん。

 

となると、テキストにしやすい。

楽しいことを楽しいままに伝えたいのだけど。

それをキレイにテキストの落とすのが難しい。

 

このあたりは、YouTubeのほうが分かりやすいんじゃないか。

リアルタイムで楽しさをアウトプットして、それを撮影できるから。

一人で文章に向かうと、濃いものになり、悲観的になりやすいのは僕だけ??

 

内省しているのが文章になるのが楽しいのだけれど。

パッとしないことばかり書いているのも、なんだかなーーーと思うわけで。

 

楽しいことを楽しいと言う。

キレイなものをキレイと言う。

そういうことが、明るい毎日を作ってくれるのかもしれない。

 

楽しいことをしゃべりすぎると自慢話になったり。

だからといって悲観的なことをしゃべりすぎると悲劇のヒロインになったり。

どちらに転んでも、あーだこーだ言われるのであれば、楽しいほうを目指そう。

 

できるだけ外に、できるだけ拡散するような。

 

そういえば「周りの人を楽しませたい」と言っていた時期もあった。

いつの間にか頭の中から抜けてしまった。

その次には「自分がワクワクしたい」とも言っていた。

まだまだ足りない。

 

外向きに、ワクワクを伝えられるように。

 

 

ソース~あなたの人生の源は、ワクワクすることにある。

ソース~あなたの人生の源は、ワクワクすることにある。