ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

やりたいことをやるために、次の4つのことを意識すれば良い

こんにちは、スズキ(@acogale)です。

自分の考えを言葉にまとめるって難しいですね。

今回は「やりたいこと」の事業仕分けについて。

スズキなりのやり方をご案内することにしました。

 

やりたいこと、できてますか

いつの間にか"やりたいこと"から遠ざかっていませんか。

やりたいことをやるために、できるだけたくさんのやりたいことをやるために。

僕は4つの指標を使って、「やる」か「やらない」かを判断しています。

4つの指標とは

  1. お金
  2. 時間
  3. 理性
  4. 期限

のことです。

 

これらを意識するようになってから、自分の気持ちと行動が合うようになってきました。

以前にも、こちらのブログで紹介しましたが、改めてお伝えできればと思います。

 

1.お金

まずはお金。

自分の収入、貯蓄から判断して、やりたいことが賄えるかどうか。

 

例えばクルマを買いたいと思ったとき。

  • 車両価格+オプション+諸経費+税金などなど
  • 駐車場代
  • 保険代
  • 燃料費
  • メンテナンス費
  • 車検代

と、たくさんの費用がかかります。

イニシャルコストだけでなく、ランニングコスト、定期的にかかる大きな費用。

そういったものをトータルで見たときに、今の自分の収入、貯蓄で楽しめるかどうか。

 

それをまず判断します。

ちょっと背伸びしてるなーと思えば、他の支出を削ったり、収入を増やす術がないか考える。

無理そうや、、、、となれば、「やらないこと」リストに移動するわけです。

 

2.時間

時間も同じようなものです。

今のライフスタイルとやりたいことは時間の調整がつくのか。

長期休みが取れない人が、世界一周を「やりたい」と言っても無理が生じます。

 

ライフスタイルを、グイッと変えることができるタイミングで、また「やりたいこと」として復活してくるかと思います。

 

また、毎日練習が必要なもの、毎日時間が必要なものか、季節で変わるものか。

自分の時間の使い方に合うか合わないか。

それによって、できるかどうかを判断するわけです。

 

3.理性

これは単純に人として間違っていないかどうか。

法律を犯すようなことをしたり、心が痛むようなことは止めよう。

 

誰かを陥れるようなこと、明らかに迷惑がかかるようなこと。

それは、お金と時間が許しても、やらないようにしましょう。

 

 

4.期限

先の3つがクリアしたら、最後に決めるのは「期限」です。

始める期限もそうですが、大事なのは「止める期限」

時間のゴールを決めないと、やめどきが分からない。

 

止めるタイミングが分からないと、やめられない。

そうすると、次の楽しいコトにチャレンジできなくなる。

 

僕もブログを書いていますが、半年間は頑張ろう、1年間は頑張ろうと思って取り組んでいます。

その中で、調子が良ければ契約更新をしていくだけです。

自分自身に対して「次の半年も宜しくお願いします」と。

 

止めることを事前に宣言しておくことで、「約束通りやめましたよーー」と胸を張って言えるわけです。

次のステップにも行きやすいですよね。

 

始めて、止めて、始めて、止めて

やりたいこと、たくさんありますよね。

やってみて、楽しければ続ける、更新していく。

やっぱりピンとこない、そうしたら止める。

 

そうやって、順番につまみ食いをしながら、自分の心地良いものをチョイスしていく。

やりたいことを、「できない」から「やってやる」に変えるために。

 

自分の中に基準を設けて、「やる」「やらない」を仕分けしていきましょう。

毎日がどんどん楽しくなっていきますよ。

 

 

www.yare.style

 

一瞬で「自分の答え」を知る法: 本当にやりたいことを見つけ、行動するためのヒント

一瞬で「自分の答え」を知る法: 本当にやりたいことを見つけ、行動するためのヒント

  • 作者: ゼン・クライアデブラック,Zen Cryar DeBr¨ucke,本田健
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2017/06/23
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る