ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

苦労しているところも見たほうがいいと思う

楽して稼いでる友人がいます。

フリーランスで働いています。

ふらふら遊びまわって、お出かけして、欲しいもの買って。

楽しそうに生きてるヤツがいます。

 

楽に稼げるっていいなーーと思いますよね。

 

結論から言えば、それは勘違いだったわけで。

彼らは本気になって、いろいろと積み重ねていたわけです。

 

楽なのは、やっているそれが好きだから。

リソースをドカっと投入できる。

自分に負担がないことをやり続ける、お金が稼げる。

負担が少ないからこそ、やっていることが楽に感じる。

 

朝起きるのがつらければ、昼からできる案件。

外に出るのが苦手なら、家の中でできる案件。

 

それをただひたすらやっている。

 

彼らと旅行に行ったことがあります。

 

同じ最寄り駅だったんですが、現地集合、現地解散になりました。

一緒に行くのが嫌なのではなく、行き帰りの時間を仕事にあてたかったそうで。

 

たえず仕事のことを考えているようです。

 

旅行中でも関係なく案件をこなしている。

というくらい、自分たちが取り組みやすいものなのでしょう。

ツイッターに写真を1枚投稿するような感覚で、仕事を処理していました。

 

旅行中まで仕事しなくても、、、、、なんて声がありましたが、旅行中でもできるくらい負担のない仕事だったりするわけで。

 

とにかく手を動かし続けている印象がありました。

圧倒的に作業量が多い。

 

寝る前でも、タバコを1本吸いに行くような感覚で、仕事してたりします。

 

普段、分からないようなところで、めちゃめちゃ努力して、時間をかけて、手を動かして、愚直に取り組んでいるんですよね。

華やかなところしか見ていなかった自分、反省です。

 

伸びている人は、当たり前ですけど、やることやってる。

そうじゃない人は、派手なところだけしか見ていない。

 

誰よりも集中して、誰よりも真面目に取り組んでいるんですよ。

人生の隙間時間をどれだけ自分のものにできるか。

 

リアルに体験できました。

 

 

あたりまえのことをバカになってちゃんとやる

あたりまえのことをバカになってちゃんとやる