ちゃんとやれ!

副業フリーランサーの飲み屋話

ちょうどいい失礼さであること

丁寧にしすぎると、それはそれで違和感がある。

かといって、低俗になってもらっても困る。

 

ちょうどいい失礼さ、ちょうどいいカジュアルさで接することができれば、うまく前に進んでいく。

その絶妙なバランスを、いかにキープできるかが問題だ。

 

口が悪いだけでは、あほっぽく映る。

たまに口悪くつっこむことはあっても、ベースは丁寧さが必要で。

かといって、丁寧なままだと距離感は埋まらない。

 

そのバランス感覚が優れていれば、素敵なコミュニケーションでやっていけるのだけど。

周囲が暖かく見守ってあげたせいで、残念な人を生み出さないように気をつけたいもの。