ちゃんとやれ!

副業フリーランサーの飲み屋話

記録することで自分を納得させる

記録することで自分を納得させる。

しすぎなのか、足りないのか、判断する材料の一つとして、記録する。

 

寝不足だと思ったら、睡眠時間を計測する時計を使ったり。

食事の量や運動量も記録することもできる。

 

きちんと記録しないと、本当に足りてるのか、不足しているのか判断できない。

曖昧な感覚のままだと、積もり積もって違う方向へずれていくことも考えられるから。

 

客観的に判断できる材料を用意して、それに従うことが重要だ。

記録しやすい世の中になってきたので、その時代の流れを上手く使えばいい。