ちゃんとやれ!

副業フリーランサーの飲み屋話

ギリギリを狙わない

ギリギリを狙わない。

バッファをもって行動し、余裕のある選択肢を用意する。

ギリギリで攻めたほうが無駄が無くていいかもしれないが、気持ちの余裕はなくなり配慮ができなくなる。

 

余裕があれば柔軟に対処ができたり、他の選択肢を途中で選ぶことも可能になる。

バッファがあるということは、コストもかかるし無駄になるものも多い。

 

とはいえ、その一筋だけで攻めるのは、あまりにもギャンブラーだと思っている。

隙間隙間でできること、やることを残しておけば時間の無駄もなんとかなる。

 

あまりギリギリを狙わないように注意したいもの。