ちゃんとやれ!

副業フリーランサーの飲み屋話

社会人として揉まれておきたい

やりにくいだろうな、と思うことがある。

気を遣っているのか、折衝が苦手なのか、それとも分かっていないのか。

 

ゴールまでの道筋が頭の中に描けていないと、突破していくのは難しいだろう。

分からないことをアピールできればまだしも、それすら分からない場合はどうしていいのか分からなくなる。

 

あれこれ頑張って行動したことが裏目に出たり、それであれば丸っと相手に任せたほうが早かったり。

戦うときもあれば、頭を下げるときもある。

そのあたりの感覚は経験によるものが大きい。

 

早いうちに社会に揉まれておきたい。

若いときは、まだこいつは若いからさ、と免罪符があるから。