ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

18ヵ月ブログを毎日更新するただ一つの理由とその方法

こんにちは、スズキです。

普段は会社員をしています。

土日祝日休み、平日は9:00から18:00まで働いています。

残業時間は月40時間ほどでしょうか、ちょっと忙しい部署にいます。

 

そんな僕がブログを毎日更新するようになって、1年半が過ぎました。

ここ2か月は、別のブログと併せて1日2記事更新することにしています。

どうして毎日更新することができたのか。

改めて考えてみることにしました。

 

毎日更新する理由

どうして僕がブログを毎日更新するのか。

それは非常に簡単なことで「更新する」と決めたからです。

ただそれだけ。

最初に決めたのが、ブランディングでもマネタイズでもなく「続ける」ということだったからです。

 

続ける先にあると思ったもの

僕はブログを自分の居場所にしたかったから。

5年、10年を会っていない友人がいても、ブログが更新されていれば「スズキは元気に生きているんだな」と思ってもらえるから。

仕事を辞めても、職場が変わっても、僕が所属しているモノがネット上にあるんだよ、という安心感も求めていました。

 

特に自分から連絡を取りづらい相手に対して、ここにスズキが存在しているという小さなアピールをしているんです。

そのためには、毎日ベッドで眠るように、毎日自分の生きてきた跡を残しておかなきゃと思いました。

 

続けるということ

ブログに限らず、何かを始めたいと思うとき。

  • 早寝早起きを始めよう
  • 毎日1冊の本を読もう
  • 100マス計算を毎日やろう

そうやって決めたことをいつまで続けられるか。

三日坊主で終わらせないための工夫が必要なんです。

続けることが難しい、それはどうしてなのでしょうか。

 

続かないのはどうして?

やりたいこと、やってみたいことが続かないとき。

それは優先順位が低いだけなんですね。

読書を続けようとしたとき。

何よりも"読書"が最優先になるかと言えばそうじゃない。

 

仕事も大事、ごはんを食べることも大事、寝ることも大事。

そうやって大事なことがたくさんある中で、読書の優先順位はどれくらいなのだろうか。

もし最優先であれば、本を読み終わるまで何もしないでしょう。

一番大事なことが読書だから。

 

そうじゃないということは、明らかに優先順位が低いんですね。

 

僕のブログはゴハンと同じレベル

やりたいことのレベル、優先順位は自分で決めればいいことです。

僕の場合はゴハンと同じレベル。

 

「仕事が忙しい」ことを言い訳にする人がいます。

"忙しい"というレベルは、どれくらいのことを言うのでしょうか。

 

  • 残業が10分でもある状態
  • 毎日2時間程度は残業する状態
  • 休日出勤をする状態
  • 会社に泊まり込みの状態

いろんな"忙しい"があると思いますが、僕の中での目安は「ゴハンを食べたかどうか」

まるっと1日、ゴハンすら食べられなかったとしたら、「ブログを書けなくてもしょうがないな」と思います。

仕事に限らず、パートナーに事故があったとき、子供が病気で入院してるとき。

 

そういう時でも、ゴハンたべる暇もなく、相手に寄り添ってあげることもあるでしょう。

その時はブログが書けなくてもしょうがないと思いますが、ゴハンを食べる暇があればブログ更新ができる。

というのが僕の考えです。

 

幸いなことに、ここ1年半はゴハンを毎日食べているので、ブログも毎日更新しています。

 

更新し続けると2つの気持ちが芽生えてくる

そうやって毎日更新していると2つの気持ちが芽生えてきます。

  1. 更新しないといけない、続けないとダメだ、途絶えると死んでしまう
  2. 更新しないと気持ち悪い、ムズムズモヤモヤする

どちらも「更新を止める」ことに対して否定的な声です。

 

1.は、強迫観念でしょうか。

今まで積み上げてきたものを失う怖さ、後ろから追いかけられているような錯覚です。

ブログを更新する優先順位を上げているからこそ、できなかったときの反動も大きい。

ある意味、自分からの強制で書かされているのかもしれません。

 

2.は習慣化でしょう。

  • 髪の毛をハードジェルで、ムースでセットした日、お風呂に入らないと気持ち悪い。
  • バッチリとメイクをした日、早くメイクオフしたいと思う気持ち。
  • 寝る前に歯磨きをしなきゃ気持ち悪いという気持ち。

ということに似ています。

「今日はまだ書いていない」ということが、気持ち悪いんですね。

 

ブログを書き始めたころは、新しいことへの挑戦だったのでワクワクしていました。

今となっては、ワクワクよりも、ちょっとの脅迫と、ちょっとの習慣で毎日更新しているわけです。

 

難しくない、人それぞれだから

更新し続けることは決して難しいことではありません。

ただ、人それぞれにブログに求めることや、優先順位が違うから。

その結果、毎日続く人、そうでない人が出てくるわけです。

  • 毎日彼氏、彼女と電話する人。
  • 毎日仏壇にお茶をお供えする人。
  • 毎日占いサイトをチェックする人。

同じことなんですね、毎日続けるということは。

 

 

今はスマートフォンがあり、スターバックスがあり、どこでも自由にブログを書くことができます。

書き続けられるかどうかは、自分の中の優先順位。

その優先順位を高くすれば毎日更新していけるし、低くすればすぐに挫折する。

自分の生活を見つめてみて、どこら辺がちょうどいいバランスなのか。

  • 晩酌ができるならブログが書ける
  • 22:00発の電車に乗れるならブログが書ける
  • お風呂に入る時間があるならブログが書ける

そうやって、日頃からの、既に出来上がってるルーチンワークに組み込んでいけば、必然的に続けることができるようになります。

 

折り合いをつけて妥協する

できるポイントをさがし、そこで折り合いをつける。

その次にできるポイントを目指せるようなライフスタイルの調整をする。

 

僕は会社、友人との飲み会へ行っても2次会には行きません。

ブログが書けなくなるからです。

それが、できるポイントを目指せる選択になっています。

 

ご自身の生活の中から、ちょうどいいポイントを見つけて、毎日更新できるようになるといいですね。

何よりも「更新する」ということを強く誓ったのであれば、それを達成していきましょう。

  

 

継続は、だれも裏切らない

継続は、だれも裏切らない