ちゃんとやれ!

副業フリーランサーの飲み屋話

小さな差を、ただただ大切に

小さな差を大切に。 その差は小さければ小さいほど、大切にしたい。 だって、多くの人がないがしろにするところだから。 待ち合わせに30分遅れてくれば平謝りだけど、待ち合わせに15秒遅れてきた人は謝罪すらないことがある。 15秒で何があるわけじゃないけ…

作業量を確保すること

ブログは量が大切だな、と思うことが増えた。 文字数を増やすとか、更新頻度を増やすとか、そういう量じゃなくて、ウォッチしたほうがいい範囲が増えるということ。 そうすると、やることは必然的に増える。 書き始めのころはリライトも必要ないし、検索流入…

思い通りにいかないことを受け止めて

文句ばかり言うのをやめてみてはどうだろうか、と思うわけで。 所詮、そこまでのレベルというのを分かったうえで、自分の力でなんとかしたらいいのに。 愚痴を言っていても始まらない。その程度であれば、乗り越えてしまえばいいのに。 なんて思う。 僕は極…

よしなにできない人はツラい

仕事の依頼をするときに、1から10まで全て伝えなきゃいけない人はツラい。 おおよそのイメージだけを伝えたら、よしなにやってくれる。そんな人が望ましい。 それは依頼する側の手抜きなのでは?と言われることもあるが。 おおよその場合、手抜きでも問題な…

目立たないように、それでも同じレベルを継続させられるように

社会で目立つのは簡単だ。 人と違うことをやればいい、プラスの意味でも、マイナスの意味でも目立つことは簡単なのだ。 逆に目立たないようにするには。正確には目立たないように目立つにはどうしたらいいのか。 これが一番厄介なのだ。通常運用の中に組み込…

いろんな人に支えられていると思うように

新しいことを始めるときに、いつも助けてくれる人がいる。 本人は、何のことやら、、、というものだろうが、僕にとっては大切な役割の人。 その人のことを考えて考えて、というわけでもなく。原点を考えたらいつもその人がいる。みたいな人が多い。 ひとりだ…

スゴいと思っていないことが、スゴいことだったりするから。

誰を対象にするか、それだけのことだと思う。 スゴいと自分では認識していないことも、他の誰かにとってはスゴいことなのだ。 時間通りに電車に乗れること、電話のメモがとれること、卵焼きが作れること、ツイッターができること。 当たり前のように感じるこ…

ストレートに言ってくれる人が好き

タイトルの通り。 ごちゃごちゃ回りくどいことを言わず、ストレートにズバっと言う人が好き。 言葉が上手な人が言うなら、あちこち寄り道しても心地良いのだけど、そうじゃない人はストレートに言えばいいのに。 言葉の後ろに隠れている本音が丸見えなのに、…

インターネットの喜びと落胆と

インターネットのお陰で、「類は友を呼ぶ」の枠を超えていろいろな人と出会えるようになった。 それは友達関係にならなくても、一方的にでも知っている人が増えたということ。 テレビや新聞、雑誌で取り上げられていた人だけでなく、それ以外のスゴい人達の…

需要と供給なのだから

転売ヤーの話や、非正規雇用の話。 残念ながら、そこに需給関係が成り立っているからしょうがないじゃないか。 と思うのは、いささか乱暴だろうか。 安売りしすぎなのだ。 定価1万円にも関わらず、1万5千円で売れたとしたら。 定価を1万5千円にすればいい。 …

ストレスチェックがストレスだ

定期的に「ストレスチェックをしてください」なんていう案内がくる。 社員のストレス度を測定し、壊れてしまわないようなフォローをしよう。みたいなものだろうけれど。 僕にとっては、そのストレスチェックがストレスだ。 会社に対して、キラキラしたものは…

相手にしてもらえるような、パスの投げ方を覚える

テキストコミュニケーションが増えている昨今、相手にしてもらえるかどうか、は重要な指標だ。 今までであれば、その人のデスクに行き「これ教えてください」と言えば、無碍に断ることはできず、相手をしてくれるかもしれない。 が、オンラインでのやりとり…

リモートワーク用の働き方をできるかどうか

本格的にリモートワークが始まって半年が過ぎた。 新型コロナウイルス感染症対策で無理矢理進められた感があったリモートワーク。世間が少し落ち着いた今、出社とリモートが半々くらいのハイブリッドスタイルで業務を進めている。 その中で、いかにして以前…

まだまだ求められている場がある

意外と身近なところに、自分の居場所はあるかもしれない。 そこに対して、適切なアプローチができるか、相手が受け入れてくれるような営業ができるかどうか。それだけの問題だろう。 やりたいことや、やってみたいこと、求められていること、その折衷案にな…

ゴールが見えないまま走ること

ゴールが見えない案件を担当すると、やる気がでない。 つまり、何をしたらいいのか、不明なままパスされるのだ。 それは「とりあえず」というものもあれば、粒度が荒かったり、プロジェクトのサイズが大きすぎたり。ちょうどいい何か、に収まっていない。 打…

手を挙げる人か、手を差し伸べる人か

無邪気に手を挙げる人がいる。 相手のことはあまり考えず、自分の伝えたいことだけを言う。その内容は得てしてざっくりしている。 手を差し伸べる人もいる。 その人は、丁寧に提案してくれる。判断は相手に任せるけど、これだけのコマがありますよ、と教えて…

意外となんとかなる。

少々のことは何とかなる。 ということに、もっと早く気付くべきだった。 会社でいろいろあっても、何とかなる。 他人の顔色をうかがって、ビクビクしているのはもったいない。自分でハンドルを握って、イニシアチブをとって。 自分スタイルを貫くくらいのパ…

今は耐える時期だ

単刀直入に言えば、年末まで頑張ろう!という話。 キラキラした世界から、少しだけ遠ざかって。 目の前にぶら下がっているやるべきことを、全力でやってみよう。という話。 そういう時期があるからこそ、それが自信になり、活力になる。 誰との戦い、という…

習慣化できる方法を自分が知っているかどうか

習慣化できるかどうか、は意外と大事なのかもしれない。 習慣の中でも、得意なモノと苦手なモノがあるので、それを知っておく必要があるのかもしれない。 僕は頭が固いので、決めたらやるし、迷いがあれば続かない。 スイッチさえ入れば、ロボットのようにや…

オーナーシップを意識して

長いものには巻かれろ、と言うかもしれないが、オーナーシップ精神は大切にしたい。 プライベートでも、仕事でも同じだと思っている。 自分の主人公は自分なのだから、自らイニシアチブをとって、コントロールしていきたいのだ。 誰かに相乗りするのもいいけ…

意図的に何かをしないと、思考停止になる

あちこちで経験を積ませてもらい、今の生活では物怖じしなくなった。 仕事だっておおよそ把握できるようになった。しかも担当は運用業務なので、いかに淡々と、そつなくこなすか、が求められる。 省エネ、省エネを目指して。つまり手抜きできる環境であるこ…

言葉の前提がまちまちだから、トラブルの原因になる

僕の悪い癖は、すぐに「嫌い」と言ってしまうこと。 この「嫌い」のレベルは、他の人とは大きく違うということを認識した。 例えば、「嫌い」と言ってしまう代表的なモノにチョコレートがある。 が、普通に食べるし、たまに好んで買うこともある。 ただ、一…

ダラダラに終止符を

新型コロナウイルス感染拡大防止のために、色々な対応がされた。 働いている会社も、一気に在宅ワークとなった。 外出自粛も叫ばれ、大幅な行動制限もあった。 その反動を理由にしたいだけだが、生活の密度は薄くなった。 やりたいこと、やることがどんどん…

多くはコミュニケーション不足だ

ただただコミュニケーション不足なんだと思っている。 あちこちで不満が爆発しているのはコミュニケーション不足だ。 ○○さんは分かってくれない。○○さんがイライラさせる。 伝える技術云々の本が山のように出版されているということは、あまりにも伝えられて…

あなたの相談が求めているものは、アドバイスなのか、後押しなのか

特に最近の話、いつにも増してドライな気性になってきた。 他人に深い興味はない。思慮深く考えることよりも、直感を大事にしてしまっている。 たまに友人知人の相談に乗ることがある。が、その相談内容は薄っぺらい。 もちろん最終ゴールの相談でなければ、…

言葉を正確に捉えた上で、それを気にしないこと

誰かの主張を読むときに、"それ以外"のことが書かれていないことがある。 例えば「最近の若いやつはマナーがなっていない」 という主張があったときに、最近の若いやつじゃない人たちはマナーを守っているのかどうか、具体的ではない。 これを反対解釈のよう…

数週間でも、たくさん触れると知識はぐんと溜まっていく

バナナマンが好きだ。 日村さんを見てると、あんな感じにイジられて、あんな感じに突っ込む先輩を思い出す。 そのバナナマンをきっかけに、乃木坂46を知った。 どうやら、乃木坂工事中という番組を一緒にやっているらしい。その前の番組、乃木坂って、どこ?…

7割バッファがちょうどいい

仕事は100%でやらない。 例外処理だらけだから、100%ではできない。というのが正しい表現かもしれない。 7割をバッファとして確保すると、ちょうどいい塩梅になる。 実質3割しか仕事を入れない、ということだ。 感覚値でいうなら4割は自分がメインではない業…

誰かへのしわ寄せを、どう感じ取るのか。

会社で。 仕事を手伝ってくれる人がいる。アシスタントというわけじゃないけど、分野ごとで助けてくれる人がいる。 どうしても作業が長引いたり、遅くなってしまったり。 そんなときは、その方にも迷惑をかけてしまうことがある。 僕からの業務を全て引き受…

周りのみんな、実は上手いのかもしれない

「みんな、上手いんだよ」 とブロガーの友人氏に言われたのは、ずいぶん前のことだった。 ブログと写真。 一緒に遊びに行って、写真を撮って、気付いたら記事ができあがってる。 写真も上手だし、文章も上手、情景の切り取り方や、醸し出す空気が上手。 でも…