ちゃんとやれ!

副業フリーランサーの飲み屋話

深夜のオフィスが心地よい

たまに仕事が遅くなることがある。 納期前に、ひと踏ん張りしなきゃいけないとき。 ガランとしたオフィスの居心地がいい。 明るいオフィスはあまり好きじゃなく、できれば暗いオフィスのほうがいい。 照明もちょこっと点いていればいい。 深夜のオフィスは人…

遠慮しない生き方と、気遣いのある生き方

遠慮しない生き方に憧れる。 遠慮は気遣いのためにしているのではなく、自分が失敗しないためにしていることが多いから。 失敗しないやり方というのは、成功しないやり方でもある。 失敗を恐れないで、ズバっと攻めることができる姿に憧れる。 自分を守るた…

同じようなリズムで動けるかどうか、自分自身のバロメーターを知る

規則正しい生活を送る。それを強制するわけではなく、規則正しい生活を送れるかどうか、が僕のバロメーターになっている。 5時に起きることもあれば、7時に起きることもある。それは自分自身のバランスが崩れていると感じる。 ちょっと布団から出るのがダル…

イベントに行ったけど、話の内容には興味がなかった。誰かと比較することで、自分が選んでいるものが分かる。

昨日、関西のクリエイターさんが主催するイベントが、名古屋で開かれた。 カセグーンとクリエイターのためのSNSブランディングのつくり方。 知り合いのクリエイターさんだったこともあり参加。いい話をたくさん聞けた。と思っていたけれど、それは大きな間違…

自分の信用を獲得するために、基本的なことをやる

当たり前のことを、バカになって、ちゃんとやる。 自分を商品として売り出すことを考えていくなら。 フリーランスとして、自分を売っていくとしたら。 基本的なことはちゃんとやりたい。と改めて思う。 どんな魅せ方をするのか、どんなタグを自分に付けるの…

怖い人と言われるので、怖くない人になれるようにしたい

会ってみると、そんなに怖い人じゃないんですね。 と言われる。 オンラインの僕は、そんなに怖いのだろうか。 できるだけ優しくカジュアルに生きているのだけれど。 アイコンを見た時は、もっと怖い人かと思いました。 とも言われる。以前のアイコンだと、ま…

再発防止を考えるときは不真面目になれ

仕事でミスをしたとき、やらかしたとき。 会社によっては再発防止策を!!と言われるときがある。 その再発防止策を考えるときは、真面目に考えちゃいけない。 真面目な人が真面目に考えると全部自分の責任にしてしまう。 「僕がもうちょっとちゃんとやって…

荷物があるとき、よく寝た次の日は、おとなしく新幹線を使おう、特に復路の場合

青春18きっぷや、秋の乗り放題パス、各社で発売されている乗り放題きっぷ。 多くの場合は、普通列車や快速列車の利用に限られている。近鉄のように特急料金を追加すれば、特急に乗れるきっぷもあれば、乗車券分も買わないといけない鉄道会社もある。 そんな…

決めたことを決めたようにやるだけで充分に価値がある

半年前にスキャナとプリンタが一体になった複合機を買った。 その複合機があれば、手書きのコンテンツが作れると思った。 「手書きのコンテンツって味があるよね」なんて話をしていたこともあった。 複合機を手に入れて半年。 手書きコンテンツはどうなった…

作業とか仕事とか業務とか、そういう次元で区別したくない

作業だと思ってやるな、仕事だと思ってやれ。 という人は苦手。 作業とか、仕事とか、業務とか。 そうやって区別していることがナンセンスだと思うから。 仕事が一番いいのであれば、全部「仕事」と言えばいいだけ。 他のものを引き合いに出す必要はない。 …

リモートワークは単価が上がるべきなんだけど、そこにつけ込む人がいる

リモートワーク 新しい働き方として、会社に出社しなくても自宅などで働くことができる。 テレワークと同じようなイメージで聞いて頂きたい。 満員電車を避けられて、通勤時間を睡眠に充てられる。 そんな良い面が強調されるので、付加価値として広く浸透し…

どこに宿泊するかということ

どこかに遊びに行ったとき、どこに泊まるか、ということ。 いつものホテルに泊まるとき、それはちょっと遠くても同じホテルを使う。 もちろん用事がある会場のそばが移動するにはちょうどいいけれど、泊まる以外に寄りたい場所があるとき。それはいつものコ…

ファミレス、ファーストフード、安心する空気

事情があってガストにいる。 土曜日の夜のガスト。意外と空いている。 じいちゃんと、ばあちゃんが、円高、円安の話をしてる。 大学生くらいの兄ちゃんと、おかあちゃんが、ファッションの話をしてる。 20代後半の男性はノートパソコンを開いて、仕事のよう…

マイナスを認識するだけで、マイナスな気分にならなくてもいい

マイナスなコトがあったときに、それを事実として認識するだけで、マイナスな気分にならなくてもいい。 そんな気持ちになっている。 電車やバスが遅れたとき。予定に間に合わなかったとき。 遅れたという事実があるだけで、マイナスにならなくてもいい。 逆…

悔しい、、、と思わせてくれることを、真剣に考えたい

近しい友人がスゴい人になっていく。 本を出版したり、本に載ったり、社長になったり、講師になったり。 スゴい人のそばで、悔しくていてもたってもいられない気持ちになる。 頑張っても、真剣に取り組んでも。 響かないものばかり。暖簾に腕押しだ。 悔しい…