ちゃんとやれ!

副業フリーランサーの飲み屋話

2024-01-01から1年間の記事一覧

改めて確認することの大切さ

じっくり見たところで、何か変わるわけじゃないけれど。 じっくり見なかったら気付かないことだってある。 少し前まで振り返ってみたら、思わぬ落とし穴になりそうな記述があったり、対応があったり。 適当に、その場限りで収めなくて良かったと思う今日この…

モノゴトを正確に説明してほしい

質問されるとき、適切な言葉を選び、きちんと正確に説明してほしい。 あまりに曖昧だったり、違ったことを言われると、その答えに辿り着くまでに時間がかかりすぎるから。 これ、あれ、それ、と言われても、何を指しているのか分からないし、具体的でないか…

数字で自分を納得させる

感覚に頼ったらろくなことがない。 数値化して、見える化したほうがいい。 最近は、記録してくれるデバイスがいくつもあるから、数値化もしやすい。 何時間寝たとか、何歩歩いたとか、何キロカロリー食べたとか。 自分の身体に関することでも、感覚に頼ると…

足で探すということ

目的地まで車で移動して、その目的地を知ったことにならないように注意したい。 最後は足でじっくり、その周辺を見ておきたいもの。 車のスピードでは見逃すものが、あちらこちらに存在している。 近くのバス停からはどれくらい歩くのか、歩道があるのかない…

現地現物は大切な考え

インターネットがあれば、いろんな情報を仕入れることができるけど、一度は現地に行って、雰囲気だけでも確かめたい。 全部ネットで完結することは、気持ちとしてもリスクしかない。 今回は会議室の選定。 実際にどんな受付なのか、スタッフさんはどんな感じ…

身軽に便乗する

ちょっとでも興味をもったら、さっさとやってしまえばいい。 友達が、先輩が、面白いネタを持ってきてくれるから。 さっさとやってみたらいい。 僕もやります!というのは、本当に強いと思う。 準備までの期間を一気に短縮できるから、有効活用しない手は無…

記録することで自分を納得させる

記録することで自分を納得させる。 しすぎなのか、足りないのか、判断する材料の一つとして、記録する。 寝不足だと思ったら、睡眠時間を計測する時計を使ったり。 食事の量や運動量も記録することもできる。 きちんと記録しないと、本当に足りてるのか、不…

過不足無く丁寧に

世の中のいろんな人と触れあっていると、こんなにも会話が通じないものか、と思うことがある。 何を言っているのか、さっぱり分からない。 アレとかコレと言われても、その話は初めて聞くのだから。 その前段階から説明してほしいもの。 一方で、前提の共有…

言語化してみることの大切さ

言語化してみると、自分の気持ちやつっかかっていたことがよく分かる。 とりあえず一気に文章にして、ちょっと読み返してみながら修正する。 主語述語、てにをはの間違いを修正してみる。 分かりにくい表現を直したり、自分の本当の気持ちにあう言葉をもって…

やってみなきゃ分からないから、さっさとやってみる

実際にやってみないと分からないことがたくさんある。 説明書を読んでいるだけでは理解できないことがある。 できるだけ早くそれに触れて、実際にやってみて、ブラッシュアップしていく必要があるから、まずは一歩踏み出せばいい。 机上の空論は、残念ながら…

制限がないからといって、何をしてもいいわけじゃない

禁止事項にある場合、それをやっちゃいけないのは分かるけれど。 禁止事項にない場合、やっていいかどうかを判断するのは自分自身になる。 その時々によって、場所、タイミング、メンバーによって、受け入れられるものもあれば、NGとなるものもあるから。 そ…

そろそろ次の一手を考えようとするころ

日常に飽きてきたら次の何かを考える。 できるだけ平常運転できるように改善した結果、平常運転に飽きてしまう。 その平常運転をぶっ壊すようなネタを用意しないといけない。 仕事を変えたり、住む場所を変えたり、コミュニティを変えたり。 何かしらの変化…

評価されるまで時間のかかるものもある

すぐに芽が出るものもあれば、なかなか芽が出ないものだってある。 評価されるのも、すぐ評価されず死後になって評価される人だっている。 長い目で見ながら、自分がどう評価されるか待っていてもいいと思う。 反応が薄いこともあるし、全く見えないこともあ…

モノゴトをこなしていくには、それ以上の課題を用意したらいい

やるべき量が少ないから、スピードもクオリティも上がらないのかもしれない。 どうしてもやらなきゃいけないものが、目の前にたくさんあれば、それをどうにかやっていくだろうと思う。 本をたくさん読みたいなら、本をたくさん買えと聞いたことがある。 読む…

やらないことも我慢することも決める

やりたくないことはやらないように、我慢しなきゃいけないこともリストアップして。 今月は耐えるとき、来月は頑張るとき、いろんな毎日があるけれど。 そういった緩急つけて日常を楽しむのも、自分の采配次第。 自分磨きをしたいと思えば、そういう準備をし…

不安に思ったら何もスタートしない

不安、不安、と不安を理由にしていたら何も始まらない。 その不安を小さくしたらいいだけで、そのためにどうするかアタマを使う。 ただただ不安!というなら、そんなに楽なことはない。 始めはコストや時間をかけないでやってみるとか、引き返しやすいような…

真似るネタをたくさん集めておく

良い感じに仕上げたいと思ったら、真似することをスタートに考える。 例えば文章を書こうと思ったとき、この人の文章が素敵だな、と思えばその真似をしてみたらいい。 真似をしても、自分の味が出てくるし、自分っぽい文章になる。 そのベースになるものや、…

やりたいと思ったことをやる

やりたいと思ったことをやる。 そのためにはどうするか考える。 簡単な方法や、手間の掛からないところからスタートして。 ルールを作ったり、トラブルにならないような準備をしたり。 やりたいと思ったならそれをやればいいだけ。 我慢する必要もなければ、…

自分から行動するということ

地元でイベントがあったら参加します、という人は信用できない。 東京や大阪で開催されているなら、そこに行けばいい。 住んでいるところで、参加制限があるわけでもないのだから。 そうやって参加しない理由を探しているだけだ。 例えば名古屋に住んでいる…

後出しジャンケンを避けること

後出しジャンケンは、相当な作戦がないのであればやめたほうがいい。 さっさと手の内を明かしてしまえばいい。 こちらからの情報は全部です!と出したほうがいい。 特にマイナスなことがあるなら、さっさと相手に伝えて、その上で相手に判断してもらったらい…

約束はちゃんと守ること

約束はちゃんと守ってほしい。 数秒、数十秒の誤差はしょうがない、と思う場面があるかもしれないけれど。 10分、20分は誤差ではないと思っている。 もちろん事情があるのは承知しているけれど、毎日毎日遅れるのは、さすがにどうか、というお気持ち。 別に…

やっぱり図書館はすごい

図書館に、特に興味を持つようになったのは「図書館の自由に関する宣言」を知ってから。 1. 図書館は資料収集の自由を有する2. 図書館は資料提供の自由を有する3. 図書館は利用者の秘密を守る4. 図書館はすべての検閲に反対する このうちの3番が、あぁなるほ…

自己分析をして、それを価値だと思ってもらうこと

自分のことは自分で判断してみる。 あれが得意、これが苦手、なんとか診断だと結果は●●になる。 そういった自分のアイデンティティを用意して、相手にアタックしなきゃいけない。 もしかしたら、こんなところで役に立つかも?とか、今ちょうど助けてほしいも…

ルールだから一旦は明文化して、あとはブラッシュアップ

お互いの意識のすりあわせのためにも、まずはタタキのようなルールを作っておくのがいい。 その上で、ここは違和感とか、ここは賛成とか、ブラッシュアップしていけばいい。 お互いに、なんとなくふわっとやっていると、意識のズレや、感覚の違いが大きくな…

ちょうどいい失礼さであること

丁寧にしすぎると、それはそれで違和感がある。 かといって、低俗になってもらっても困る。 ちょうどいい失礼さ、ちょうどいいカジュアルさで接することができれば、うまく前に進んでいく。 その絶妙なバランスを、いかにキープできるかが問題だ。 口が悪い…

ルールを守ってくれる人を大切に

こちらのルールに従ってくれる人は大切にしたい。 先にお願いを聞いてくれているから、という気持ちもあるのだろうけど。 決めたルールを守ってもらうと、手間が減ったり、工数が減ったり。 余分なことに気を遣わなくてよくなるから。 そうやって気遣ってく…

情報共有は誰のためにやるのか

職場でもプライベートでも。 情報共有は自分のためにやる。 自分が発信しておけば、確認していなかった側の問題になるから。 この先の予定、やるべきこと、今の状況など、どんどん情報共有したらいい。 そうやって責任を分散させていくことを覚えるというこ…

非日常が日常になるとき

非日常が日常になるとき、面白さもワクワク感も一気になくなる。 日常は普通でありたいと思うからなのだろうか。 何もない、いつも通りを日常と定義するなら、それでいいと思っている。 山あり谷ありの変化いっぱいな日は非日常と定義することになる。 ただ…

最近はヤングアダルトコーナーにお世話になる

ヤングアダルトコーナーの本は読みやすい。 ど真ん中の対象でないことは重々承知しているが、その手軽さが読みやすかったりする。 大人になると、歳を重ねると、見方や受け止め方も違うから、それが生きているのかもしれない。 ライトノベルや、生き方など、…

大きく変化させたいなら、大きくやり方を変えること

いつもの変化で足りないとき。 大きく変化させたいときは、やり方を大きく変えないとダメだと思っている。 ちょっと我慢するとか、ちょっと頑張るとかじゃなく。 仕組みもやり方も大きく変更しないと、結果がついてこない。 10%増なら頑張りでカバーできるか…