読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

人を変えることはできない。と言うけれど、変わってくれないと困る。

相手を変えることはできない、自分が変わるだけだ。

とよく言われます。

 

まさにその通りで、相手なんて変わらない。

簡単には変わらないということは、身に染みて分かる。

 

わかるけどさ、変わってもらわないと「僕」が困ることがあるんですよ。

だから、変わって欲しいんですよね、僕の勝手な思いですが。

 

簡単に切れない関係というものがある。

道ですれ違った程度の人であればいいんです。

今後一切会わない、会話しない、見たくもない。

それが通用する相手でしょう。

 

ただ、それがある一定のコミュニティの中にいる人だったら。

家庭や会社という組織にいるとしたら。

たまらなくもどかしくて、たまらなく面倒くさいだろう。

 

相手を変えることができなければ、自分が変わればいい。

約束を守らない相手ならどうしようか。

嘘をつく相手ならどうしようか。

 

そんな相手と付き合っていく必要はない。

がしかし、そう簡単に切れる関係ではない。

できるだけ関わらないでおくと、もっと事態が悪化していることがある。

 

事態悪化を防ぐために、こまめにアプローチをするのだが、こまめなアプローチは接触回数を増やす。

ということは、イライラ回数が増えていくだけのこと。

だって言っても変わらない、分かってもらえないんだから。

 

そうは言いつつも、あと1回伝えたら何か響くのかもしれないと判断すると、やめられない関係になる。

そんなことは無いと分かっているのに、自分の中でそうやって考えてしまう。

 

究極に面倒なのは嘘つきな相手。

本当に関わらなくて済むならいいが、ある程度は接点がある相手だと、全くその人を信用できなくなる。

じゃぁそんなときどうする??

 

自分からそのコミュニティを離れるの??

会社を辞める?? 離婚する?? 縁を切る??

そのレベルもよく分からないからさ、簡単に結論は出せないんだよ。

 

でも、まぁそういう面倒な分類をされている人が、僕の周りにはそれなりにいて、それに消耗しているということ。

 

子どもや、若い人。

そういった人と仲良くするのは楽しい。

ただ、意思疎通がうまく図れないときもある。

モノゴトに対する責任の違いなのだろう。

 

高校生の感覚と30歳の感覚は違うだろうから。

「最近のゆとりは~」という意味ではなく、純粋に感情や感覚の違い。

 

ただ年齢が近づいてくるにつれて、そういった妥協するというか、相手を受け入れる枠というのが狭まってくる。

ある程度のレベルのモノを求めてしまうし、約束したらやってほしいわけで。

そこにお金が発生する、しないではなく、約束したかどうか。

ということ。

 

簡単に言えば、僕の思い通りにならないということです。

思い通りにならないと困るから、バッファを増やしたり、別の策を考えたりしなければいけない。

そうすると、その相手とはキョリが離れていく。

それで済む人ならいいんだけど。

 

と、話がグルグル回り出した。

 

つまり、簡単に切れない相手に不満があったら、いったいどうするのか。

という話。

一方的な見方なのは承知の上だが、オレがどれだけ我慢すればいいんだい??

と、我慢の限界だぜ???

と、そんな気持ちになることがあるわけで。

 

なんでも簡単に線を引ける環境じゃないわけですよ、人と人のつながりってね。

僕がもっと成長しなければ、、、、というのが、僕へ向けた僕の中での回答です。

 

自分と未来は変えられる

自分と未来は変えられる

 
他人(ひと)は変えられないけど、自分は変われる!―女性が人づきあいで悩んだら読む本

他人(ひと)は変えられないけど、自分は変われる!―女性が人づきあいで悩んだら読む本