ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

余裕が生まれるような行動

会社に行くのに30分かかり、始業時間が9:00だとしたら。

 

単純計算で8:30には家を出ないといけない。

ただ、8:30ではギリギリなのだ。

 

これが8:00に家を出たとしたら。

30分のバッファができる。

これを無駄と思うか、有効と思うかの違いだ。

 

時間の話をすると、すぐに時給計算したがる人がいる。

「時給1,500円だから、30分のバッファは750円分の価値があるのか!!」と。

 

30分早く家を出ることで得られるのは余裕だ。

 

余裕が生まれると気分がいい。

 

目の前で駆け込みダッシュしている人を見ても、「あぁ、あんなに急がないといけないなんて、残念だな」と。

 

我先にと急ぐ人を見ても、横断歩道で信号無視している人を見ても。

余裕があると、住んでいる世界が違う"残念なヤツ"だなと思うことができる。

 

ちょっと前までは自分自身がその"残念なヤツ"だったのだが。

もちろんバッファを少なくし、生産性を高めることも大事だけど。

 

しっかりとバッファをとることで、ずいぶんと気持ちに余裕が生まれる。

気持ちに余裕が出てくると、危険な行為をしなくなる。

 

何事も安全第一で、判断を誤りにくくなる。

単純に考えれば、バッファ時間は損失だ。

時給1,500円の人の30分のバッファは750円相当。

 

逆に急いだときの危険度はどうだろうか。

急ぐことで消耗した心を埋めるためには。

 

トータルで循環する、流れの良い人生にするために余裕が欲しい。

その余裕は、30分前倒しする行動で手に入れられるかもしれない。

無理をしないことも大事、自分のペースをコントロールできるように。

たまには30分のバッファも必要だろう。

 

 

「心に余裕がある人」になる自分の磨き方 - 一流の勝負師に学び、いつも平常心を保つ -

「心に余裕がある人」になる自分の磨き方 - 一流の勝負師に学び、いつも平常心を保つ -