ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

当たり前を求めた結果、僕たちは好奇心を失った

こんにちは、自分自身を見つめなおす期間中のスズキ(@acogale)です。

闇雲に走り続けて、自分自身が迷子になってしまったので、ポジションを整えてる次第であります。

「自分と向き合う」ということは非常に難しいことです。

「カッコイイことを言ってやろう」と思っても、もう1人の自分が「今カッコつけてるだろ」と注意してくれます。

なかなか話が先に進まないんですね。

 

一つのことを見つめなおすのに、大変時間がかかる問題です。

そうやって自分自身に嘘をつかず見つめなおしていく中で、「好奇心」について考えてみることにしました。

 

「社会性と好奇心は相反する関係にある」

「社会性と好奇心は相反する関係にある」

養老猛先生だったか、茂木健一郎先生の講演で聞いた言葉です。

「社会性」という言葉と「好奇心」という言葉の関連性が分かりませんでした。

その後の説明を聞いてようやく理解できたんですね。

具体例で言うと、

例えば説教をしている上司の、頭の生え際が気になったとしよう。

その好奇心のまま、生え際を見つめながら、カツラかな、地毛かな、なんて考えたときには。

上司からはもっと説教されることになるだろう。

ということです。

どこかで、自分自身の好奇心を抑えて、周りとのバランスをとるようになるんですね。

 

夏休み子ども科学電話相談

夏休みになるとNHKでは「夏休み子ども科学電話相談」という番組が始まります。

大学教授、科学館や博物館の館長さんが、電話で子どもたちの質問に答えてくれるという番組です。

番組を聴いていて「かわいいなぁ」と思う質問もあれば、「おお、マニアックだ」と思う質問も。

 

  • どうして魚は水の中で息をしていなくても平気なの?
  • 太陽の色は何色なの?

 

などと、純粋な質問もたくさん出てきます。

もし僕自身が子どもに質問されても、スマートには答えられないです。

ある程度の道筋ができたとしても、それは頭の中で勝手に理解しているだけで、正しく正確に理解しているわけではありません。

 

小学生は詳しい

夏休み子ども科学電話相談を聞いていて感じたことがあります。

それは「小学生は詳しい、本当に詳しい」ということです。

自分が好きだと思うことは、まるで図鑑のように本当に詳しいんですね。

 

電車好きな彼は、東京から博多までの新幹線の駅名を覚えていたり

オウムが好きな彼は、珍しいオウムの名前も良く知っています。

それを覚えてどうなるのか。

損得勘定抜きにして、好きなことには没頭しているんですね。

 

周囲の目なんて気にしない。

社会性が無くてもへっちゃらと、好奇心だけで生きているんでしょうか。

社会的な意義とはお金を得られるか

子どもたちが、好奇心に没頭できるのはどうしてか。

社会的な意義を考えていないからではないでしょうか。

 

社会的な意義を定義するなら、周囲から求められているかどうかということです。

周囲から求められている=需要がある。

つまりお金になることなんですね。

 

知らず知らずのうちに、行動の判断が「好奇心」から「お金を得られるか」に変わっています。

そして「お金にならない」ことを「くだらないこと」と言ってみたりします。

 

懐かしいと思う自分

好きなことに没頭している子供たちを見て、どこかで懐かしく思ってしまいます。

懐かしく思うと同時に、心にぽっかりと穴が空いてしまっている自分に気付きます。

 

僕も小さなころは、何でもかんでも首を突っ込んで、興味津々だったなぁ。

あのとき、好きだったことを極めていたら、どうなっていただろうなぁ。

好奇心に任せて生きてみたかったなぁ。

 

今になってそんなことを感じるんですね。

懐かしいというより、子供たちを羨ましく思う自分がいました。

 

「当たり前」を求めるあまりに、フラットな自分へ

個から社会へ。

前述の通り、社会性を求めていくと好奇心のままに動けなくなります。

自分の好奇心を押し殺すことが、社会性が身につくということなんですね。

 

周囲の仲間とうまくやっていくには好奇心を押し殺しながら、周囲との協調性を発揮しなければなりません。

まさにこれが、今の悩みの一つなのです。

相反するものの両方を手に入れたいと思う気持ち。

贅沢かもしれないこの悩みが、僕の中ではホットな話題になっています。

ある意味、「当たり前」とか「社会性」に気付かなかった自分が、そこに気付けたこと。

 

そうやって気付くことができるキッカケを経験してきたこと。

それが、僕の中での第一歩なのかもしれません。

当たり前を求めて、好奇心を失った。

次は、当たり前をやめて、好奇心のままに生きられるように。

次の一歩を踏み出していきたいと思います。

f:id:acogale:20170802164622j:plain