ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

特急列車の指定席と終身雇用

大阪からの帰り道。

近鉄の特急列車に乗った。

 

私鉄の特急には2種類ある

  • 運賃以外に特急料金が必要
  • 運賃だけで乗れる

近鉄の場合は前者で、運賃以外に特急料金が必要だ。

しかも近鉄の場合は全席指定。

特急券を買っていないと席すら保障されない。

 

難波から名古屋方面の特急に乗っていると、特急券を買わないで乗車したカップルが。

別料金のことは知っているようで、車内にて特急券を買っていた。

が、車内で発売される特急券は、座席指定されないのだ。

空いている席があればどうぞ。といった感じ。

 

近鉄はオンラインでも特急券を発売しているので、技術的には可能なのかもしれないが、車内発券の場合は座席が保障されない。

 

今回乗った特急列車は、比較的多くの駅に停車するタイプだ。

奈良県にある大和八木を越えると一気に乗車率があがる。

その先、三重県内の駅にいくつも停車するのだが。

 

指定席券を持っていない2人は、保障される座席がないのだ。

誰かが来たら席を空けないといけない。

これはゆっくりしていられない。

 

その様子を見ていて、終身雇用ってこんな感じなんだろうなーと思った。

 

自分自身は特急券を購入し、列車に乗った。

だから目的地までの間、座席の保障がある。

トイレに行こうと、デッキで電話をしていようと、購入したその席は自分が自由に座ることができる。

 

その一方で、指定席券を買わずに列車に乗ったら。

全席指定の特急列車なので、支払う料金は同じ。

同じ料金を払っても、今座っている席に誰かこないかドキドキしていなきゃいけない。

 

終身雇用と非正規雇用。

そんな縮図のような気がした。

 

「事前に特急券を買っておけばいいのにな」と思いながらも、自分自身も買わずに乗ることが何度かあったので、誰しも事情があるんだなと。

 

事前に買うか、事後に買うか。

同じ料金を払っても、座席がある人とない人がいる。

 

何とも言えない不思議な気持ちで移動時間を過ごしたのだ。

 

 

近鉄特急の歩み [DVD]

近鉄特急の歩み [DVD]