ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

身体は資本だから、体調管理も仕事のうちだから

身体は資本、体調管理も仕事のうち

 

そうやって会社で言われてきた人はたくさんいるだろう。

フリーランスで、自分で看板を背負っている人ならなおさらのこと。

 

と思っていたら、最近はそうでもないらしい。

 

「身体は資本」

 

これはどんな風に考えたらよいのだろうか。

 

上司から言われたら。

簡単に言えば「ちゃんとやれ!」と言われているのだ。

体調不良を言い訳にして、あーだこーだ言わないように!!と。

 

結局のところ、会社員だろうとフリーランスだろうと起業家だろうと。

体調管理はしっかりしておいたほうがいい。

 

なぜなら、僕自身が今、体調が思わしくないからだ。

寝込むほどではないし、外食だって行けるけど。

自分のポテンシャルを発揮して作業するのは難しい。

というか、そこまで気合いが入らない。

 

手抜きをしてしまう。

できないことはないのだけれど、いつもの50%オフくらいの気持ちになる。

もしくは、できることならやりたくないなーと思ってしまう。

 

やりたくないけど、目の前に〆切があったとき。

それはやらないといけない。

もうどうしようもないくらい状況であれば、ゴメン。。。。と言えるのだけど。

 

動くことはできるけど、気分がのらない、やりたくない。

この状況が一番つらい。

 

そして思うことは、「体調管理しっかりしておけばよかった」

 

調子が思わしくないときなんていうのは、自分自身に原因がある。

  • サッカーを夜遅くまで見ていた
  • 飲み過ぎた、食べ過ぎた
  • 冷房の効いた部屋でお腹を出して寝ていた

なんていうような、自分で完全に避けることができるのにも関わらず。

 

だからこそ、余計に体調のことを気にしてしまうし、注意されてしまうのだろう。

 

いつもの50%オフだけど、納品しなきゃいけないし、月末月初の処理もたくさん。

あぁ、お腹を出したまま寝るんじゃなかった。

 

 

一流の人はなぜ風邪をひかないのか?――MBA医師が教える本当に正しい予防と対策33

一流の人はなぜ風邪をひかないのか?――MBA医師が教える本当に正しい予防と対策33