ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

変わることを恐れずに、変わっていこう

本当はこのブログをもっと高尚なものにしたかった。 もっと有益なものに。 今日それが覆った。 これはこのまま、今のまま。 もっと高尚なヤツを別に作ろう。 これからも続けていくために。 まずは続ける練習を。 意識しなくても続けられるようになったら、さ…

適当に走り続けた結果、ただただ「疲れた」

体調を崩すのは土曜日。 平日は仕事に対する緊張感がある。 その緊張が無くなるのは土曜日。 先週の土曜日、体調を崩した。 何も予定を入れていない土曜日だった。 タスクはたくさんあったものの 「誰かに会う」「どこかに行く」 という予定がなかった。 案…

「分からないもの」に飛び込む人、逃げる人。1年8ヵ月後に答えがやってきた

「分からないもの」があったとき。 興味や好奇心で飛び込むヤツがいる。 「分からないもの」があったとき。 恐怖から逃げるヤツがいる。 僕は逃げるヤツだった。 1年8ヵ月前までは。 「逃げる」から「立ち止まる」になったことがあった。 それがAirbnbとの出…

小さな約束を守ることが信用アップにつながる当たり前のこと

待ち合わせに遅れたとき。 1分遅れた人、1時間遅れた人、どっちのほうがタチが悪いかと言えば、1分遅れた人だ。 1時間遅れる人は、結果として1時間遅れるけれど、事前に遅れる旨の連絡があったり、「悪かった」と謝罪する。 一方で1分遅れた人はどうだろうか…

レシートから過去を思い出す楽しさ

自分の過去を振り返るとき。 ほとんどの記憶は自分自身の中にある。 それが、四次元ポケットのような空間にたくさん浮かんでいるだけ。 何かのキッカケで、過去の思い出が見つかったりすると、当時のことが一気に頭の中に広がってくる。 久しぶりに行った場…

経験の違いはその人の強み

経験 今まで、どんな経験をしてきましたか。 知らず知らずのうちに、経験値は積み重なっています。 知らず知らずのうちに、できることが増えています。 ある課題を与えられたときに、ゴールまでの道筋が見えることがあります。 それは、経験値が増えている証…

軸はブレても、持っておいたほうがいい

あなたの軸は何ですか。 信念と言い換えてもいいかもしれません。 あなたの大事にしたいことは何ですか。 周囲から甘いささやきがあったり、周囲からそそのかされたとき。 その軸を持っていないと困るのはあなたです。 軸を他に頼ることもあるでしょう。 た…

自己紹介の練習をしてからオフ会、交流会に参加する3つの理由

オフ会や交流会に参加するとき、事前準備として何をすべきか。 それは、自己紹介の練習をしておくべきなのです。 日常生活で自己紹介をする機会なんて滅多にありません。 だからこそ具体的な自己紹介をすることで、強力なインパクトが生まれます。 あなたが…

その程度か、、、、と妥協していいのだろうか

回転寿司に行った。 100円よりは豪華なヤツ。 確かにネタのグレードはいい、100円と比べたら。 お店も静かで落ち着いている。 一人3,000円くらいだった。 ただ、どことなく残念な雰囲気。 これでいいのだろうか。 傾きかけの寿司を出す店員さん 衣が剥がれか…

素直に生きている人に嫉妬する、月日が経たないと受け入れられない

プロブロガーの あんちゃ氏が興味深いことを言っていた。 約2年間発信し続けてわかったのは「現時点でこの世界は自分に都合悪いことは隠したほうが生きやすい。だからみんないろんなこと隠して生きてる」ってことだ。素直に言いたいこと言って生きるのはぶっ…

ヤバい、今のままでは分裂する

小さな差が、いつの間にか大きな差になっている。 「ちょっとスピードが合わないな」と思っていたら、いつの間にか生きている場所が違うことがある。 どうしてスピードが合わないのか。 スピード重視で質が劣る 質重視でスピードが劣る 一番いいのは、スピー…

動くことで湧いてくる思考

とにかく動くことが大事。 一箇所にとどまっているのはもったいない。 動くことで刺激をもらえる。 刺激をもらうことで、思考がどんどん湧いてくる。 場所が変わることによる刺激。 知らない誰かから与えてもらう刺激。 非日常の刺激 大阪環状線にて。優先席…

言うべきか、任せるべきか

任せた案件があった場合、どこまで任せるか、どのタイミングでお願いするか。 とても大事になってくる。 納期に間に合わないんだろうなーと思いながら、そのまま痛い目を見るのがいいのか。 途中で助け船をだしたほうがいいのか。 悩むところです。 任せた案…

無理やり推し進めることが大事

参加しているプロジェクトがある。 これが全く進まない。 「○○についてどう思いますか」 「△△について賛成ですか、反対ですか」 と聞いても、レスポンスがない。 集まっているメンバーは「プロジェクトに参加したい」と手を挙げた人たちなのに。 やる気があ…

小さなズレまで確認するのか、それは誤差の範囲で済ますのか。

話が盛り上がると、誤差が許されなくなる領域にくることがある。 お互いの認識、意識、理解をそろえないと、その先に踏み込めない領域に。 話の方向としてはいいこと、ありがたいことだけど、お互いの意識合わせに時間がかかってしまう。 その労力をナシにし…