ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

「折に触れて」思い出すことで自信が付く

こんばんわ、スズキです。

人生の中で、忘れられない人が何人かいます。

その中の一人は今日、4月25日が誕生日です。

ちょうど高校時代にお世話になった人。

たくさん相談にのってもらいました。

今となっては、どこで何をしているのか分からないんだけど、こういう機会だから思い出すことができます。

どうもありがとう。

 

 

僕の中には、たくさんの記憶がしまってあって、頭の奥底のほうにキレイに積み重ねてある。

ずいぶん昔の記憶は、下の下のほうにしまってある。

そんな「記憶の山」がどんどん高くなっていくんだけれど、何かのキッカケで崩れてしまう。

 

崩れてしまったときに、箱からポロっとこぼれるその「記憶」こそが、僕の生きてきた証であり足跡だ。

何がキッカケで「記憶の山」が崩れるか分からないけど、そういう瞬間というのは頻繁にあるものだと思う。

あまりにも記憶が多すぎて気付かないこともあるけれど、そういったキッカケはそこらじゅうに落ちている。

 

今日はあの子の誕生日。

それが昔の僕を呼び起こしてくれるんだ。

あのころはたくさん悩んでたなぁ、あのころは楽しい趣味がいくつもあったなぁ、あのころはアレに燃えていたなぁってね。

 

今と比較すると、ちょっぴり惨めに思うこともあるんだけどね、それをバネに生きていけるんだよ。

過去も今も、良いことも悪いことも共存しているからこそ、人生に振れ幅ができてワクワクドキドキする。

 

マイナスのものと、プラスのものから、良いものは生まれる。

極端に偏った2つのものから、良いものは生まれる。

ちょうど高校生のときに、そんなアドバイスをしてくれた先生がいた。

人生に振れ幅ができることで、良い「自分」が生まれてくるんだよ。

 

だから「過去」も必要だし「未来」も必要。

その狭間にいるからこそ、「今」良いものが生まれる。

辛かったときや、幸せだったときがあるから、良いものが生まれる。

 

僕はできるだけ、過去を見ないように生きてきた。

どんどん過去はリセットして、新しいものへ、新しいものへと求めてきた。

そうすると、ずっとずっと走り続けないと耐えられないんだよ。

マグロみたいに、死ぬまで泳ぎ続けなきゃいけない。

こんな記事も書いたしね。

 

hatena.aco-gale.com

 

でもね、どこかで立ち止まって足元を見つめなおすときが必要。

そうやって、自分の「今」をじっくり見直すことが必要。

そのためには、やっぱり過去を振り返らなきゃいけない。

そういう「記憶の山」が崩れる時、というのが何度もあるから、そこでじっくり考えてほしい。

 

当時の自分が持っていた「ピュアで新鮮」な感性や、目指していた「夢」、周りの人に対する「気持ち」や好きなあの子への「想い」

何年も月日を重ねるごとに色褪せてきてしまうからこそ、思い出せるチャンスのときに、充分に過去を振り返りたい。

 

今日、4月25日はそんな日。

高校時代の気持ちを振り返って、次のステップへ向けて走り出す日。

たまには、ゆっくり過去を見てみようよ。

ではでは。

 

脳には妙なクセがある (扶桑社新書)

脳には妙なクセがある (扶桑社新書)