ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

O型って大雑把??大雑把な人ほど几帳面で神経質。

こんばんわ、スズキです。

オフ会や、異業種交流会、コンパに参加された経験がある方は多くいらっしゃると思います。

その時に話題になるネタの一つが、血液型。

僕はO型ですが、O型と言えば「大雑把なの??」と聞かれることが。

いやいや、そうじゃないんですよ。

実はO型って几帳面なんです。

 

 

自己紹介でどんな話をされますか??

自己紹介と言えば、名前や出身、学校名や職業、年齢などを形式的に話すことが多いです。

まずは無難な話をしますよね。

少し場が和んでくると、その次に聞かれること。

勘の良い方はお分かりかと思いますが「誕生日/星座」トークに「血液型」トークが出てきます。

 

血液型って4種類ですが、、、、

その4種類で色々と判断されてしまう。

A型だから几帳面とか、B型は変わり者とか、風評被害、風説の流布(のようなもの)だ。

人間が4種類にキレイに分類されるわけないじゃないか!!!

と思うんですが、意外とこういった「血液型占い」のようなモノって話題になるんですよね。

 

 

にわとりたまご説

よく「ニワトリ」が先か「タマゴ」が先かという話もあります。

その血液型に生まれたから、A型に生まれたから本質的に几帳面なのか、A型=几帳面という周りの圧力や考えが染みついてきて、それもそうかも、、、、、と思い過ぎたのか。

そういった意味で、周りからの影響を受けやすいので、血液型と性格なんてあまり関係ないのではないか、というのが僕の考えです。

が、やっぱり「A型です」と言われると、几帳面なんだね~~~と言ってしまうのは、ミーハーだからなのでしょう。

 

 

ちなみにスズキはO型です

誰も聞いてくれないのでこちらから発表すると、スズキはO型です。

「O型ですよ!!」と言うと、2種類のリアクションが返ってきます。

  1. 大雑把なんですか~~~
  2. そんな風には見えないですよ~~~

前者は会って間もない人、後者はそれなりにお付き合いのある人。

 

前者の場合は「O型=大雑把」的な、よくいうあるあるを当てはめてきただけの人です。

別に深い考えはないのでしょう。

後者の方は、それに併せて「A型みたいな人ですね」と言ってくれます。

要するに僕は几帳面野郎ということです。

 

 

大雑把=几帳面だということ

日本語で言うと「表裏一体」ということ。

大雑把ということは、几帳面ということです。

大雑把な人は几帳面で用意周到で神経質なんですよ。

 

これには前提があるんですが。

その前提条件は「必ずモノゴトはやり遂げる」という気持ちがあること。

途中で投げ出さないという気持ちは必要なんですが、そうであれば「大雑把=几帳面」となります。

 

 

具体例を挙げよう

大雑把、適当、そうやって生きていく。

また、それをやり遂げなければいけない。

つまり「ゴール」は他の誰かと一緒なんです。

 

例えば「明日は10時に東京駅で待ち合わせ」

というミッションがあるとしましょう。

几帳面な人、大雑把な人、どんな人でも10時に東京駅に行くわけです。

 

大雑把な人は、何時に起きて、どの電車に乗って、どこで待ち合わせる。

そんなことは事前に準備しません。

なんてったって、大雑把ですから。

 

ただ違うのは、それをもっともっと前にやっているということです。

「だいたいこれくらいで大丈夫」という感覚を、どこかで植え付けているわけです。

僕は名古屋なので、10時に東京に行こうと思うと、8時過ぎの新幹線に乗らないといけない。

大雑把なスズキ的には、何も考えません。

その代わり「大雑把ツール」はいくつか用意しています。

  1. スマホで予約できる新幹線チケット
  2. 東京駅の構内図
  3. 誰にでもグイグイいける気持ち

今回の場合はこれが「大雑把ツール」です。

 

 

モノゴトを同時進行させる

名古屋からだと、だいたい東京駅まで2時間弱だということを知っている。

新幹線は10分待てば来る。

10時着の新幹線だと指定席も取れる(だろう)

東京駅の図があれば、言われたところに行ける。

困ったらそこらにいる人に、手当たり次第聞けば良い。

 

そう思うと、準備なんてしなくなります。

大雑把に済ませるだけです。

「10時に東京ね」と言われれば、「はーい」と返せるわけです。

 

 

ある地点より前に準備するのは几帳面で、後に準備するのは大雑把

別にどっちが良いとか悪いとか、そうではなくて。

一連のモノゴトがあったときに、事前に打ち合わせをしたり、下調べをしたりと前半部分に力を注ぐのが「几帳面」な人。

後半部分に力を注ぐのは「大雑把」な人。

というのが僕の考え方です。

 

結果、どちらも成功するんですよ。

成功するんですけど、几帳面な人は、後半部分にも挽回するチャンスが残っている。

大雑把な人は、後半部分で頑張りきれないと、失敗する。

 

ただそれだけのことなんですけどね。

たからこそ、後半部分で成功させるために、それより随分前から準備をしていたりするわけです。

 

 

もっともっと前に、こっそり準備するのが大雑把

そのモノゴトが決まる前、自分の人生に関わらないかもしれないくらいのときに、実は準備をしているわけです。

だいたいこれくらいだな。

という自分モノサシを作っているんですよね、日頃から。

 

だから何か言われたときにでも、後半頑張れば対処できる。

大雑把な人って、実は意外と用意周到なわけです。

 

 

しかし例外も、その例外に当てはまる人が多かったりする

いやいや、そんなことねーよ。

そう思った方もたくさんいらっしゃるでしょう。

 

それは、結果をコミットできない人をたくさん見てきたからです。

モノゴトの後半だけで頑張りきれなかった人。

そんな人が言い訳に使うのも「大雑把だから」という台詞。

 

それ以前の準備も無く、大雑把に生きると死にます。

命を落とさなくても、コストや時間が余計に掛かったり、人からの信用を失ったり。

そういう目に遭います。

 

例外といいながら、そういう人があまりにも多いのが問題ですね。

 

 

「大雑把なヤツ」もいいヤツだよ。

大雑把な人でも、几帳面な面、神経質な面もあるんですよね。

大雑把な人が大雑把だと言われるのは、結果をコミットできないから。

結果を守る、約束を守る大雑把な人もいるということで。

 

別に大雑把と言われることが嫌じゃないけどね、なんでもダラダラしているだけじゃないということさ。

今後ともO型の人、O型のスズキを宜しくお願いします。

 

 

最新改訂版 「性格&相性」まるごとわかる動物キャラナビ

最新改訂版 「性格&相性」まるごとわかる動物キャラナビ

 
サイグラム 史上最強のコミュニケーション・メソッド

サイグラム 史上最強のコミュニケーション・メソッド