ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

#dripメンター イベントに参加して、ビジネスの基本を目の当たりにした

イベントに参加するとき、そこに何を求めて参加するのだろうか。

イベントに参加するときに得られるものは3つ

  1. イベントそのもののテーマに付随するもの
  2. イベント参加者に付随するもの
  3. 「イベント」に付随するもの

例えば投資のセミナーイベントがあったとして、上記3点を当てはめるとしたら

  1. 投資の知識を得たい
  2. あの有名投資家に会いたい
  3. 投資イベントのやり方を学びたい

ということになる。

 

昨日参加したのは「dripメンター生卒業イベント」

ブログをどうやって成長させていくか、4人のメンティーが学んだことを発表する場だった。

 

僕自身がイベント主催をすることもあるので、どんなイベントに仕上がっているのかが楽しみだった。

もちろん4人の話も楽しみだし、そこにくる仲間に会うのも楽しみだったけれど。

僕の一番の楽しみは「イベントの仕上げ方」だったのだ。

 

結果として大満足。

というより、dripとしてのクオリティの高さを見せつけられた。

楽しければいい、アクセスが伸びればいい、といったものではなく、企画そのもののコンセプトがあり、マイルストーンがあり、結果をまとめる場がある。

ビジネスというものは、これなんだ。と改めて実感した。

 

 

 企画力もあり、巻き込み力もあり、継続力もある。

メンター生のことを丁寧に分析し、足りないものを補って、輝いているところを伸ばしてあげる。

 

何かをやる際に、彼らが背負っているものが違うのだろう、

損切りも大事だし、方向転換も大事、軽く立ち回れることも大事だけど。

プロジェクトを完遂するところに本気さを感じた。

 

このイベントで、メンティーのリアルな声を聞けたことも重要だけど。

全体を通してのプロジェクトの完成度も見ものだった。

 

f:id:acogale:20180624111719j:image