ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

50年後の自分は、どこまでアグレッシブでいられるだろうか

80歳のばあちゃんが、ドラムを華麗に叩く映像を見ました。

「やばい」

それしか言葉が出てこなかった。

 

ジャズドラマーとして活躍していたおばあちゃん。

引退して随分たつとのことですが、スティックを持ってドラムを叩き始めた瞬間。

「あ、この人、本物だ」と思うようなポップさ、陽気さ。

 

きっちりとリズムを刻んでいるところ、ソロパートも叩いてしまう技術。

 

そこには確かなものがあったようです。

 

80歳と考えたら、僕はあと50年。

何か面白いことをやっているんだろうか。

何をやっているんだろうか。

 

これだけは負けないぞ!!!と言えるものに出会えるのでしょうか。

そこに精一杯の力を注ぐことができるのでしょうか。

 

最近はいろんな人から元気をもらい、未来への歩き方を教えてもらい、深い知識を見せてもらい。

面白そうなキッカケがやってきそうです。

 

何かは見えないけど、手ごたえがあるんですよ。