ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

過去の自分に律してもらう

自分が前に進めないとき、一番応援してくれるのは過去の自分だったりする。

 

●●しよう!!!

と決めた自分がいるから、●●しなきゃ!!って思う。

 

ふわっと流されないように、自分自身をコントロールしてくれるのは自分自身しかない。

 

自分で決めたことくらいは守っていこう。

そう思うことが、初めの一歩になるのだろう。

 

 

その一歩を踏み出すのであれば、できるだけ小さなハードルで、できるだけ継続できるもののほうがいい。

毎日の積み重ねから自分に自信がついてくるから。

「オレ、毎日できてるじゃん!!!」という達成感や安心感が必要になる。

 

例えば

  • 毎日、歯を磨いてから寝る
  • 朝一番は元気な声であいさつをする

 

その程度で、当たり前だと思うことも、意識した瞬間に素敵な目標になる。

 

その継続した自分の目標を守るために行動が変わったり、気を付けることが出てきたり。

こなれてくると、ルーチンワークになるし、自分自身への負担も少なくなる。

その反面、できなかったときのプレッシャーに怯えることになる。

 

どんな目標を決めても、それを決めるのは自分で、それを信じるのも自分。

何よりも、それにチャレンジするのも自分自身なのだ。

 

自分自身と対話しているとしたら、対話している相手は過去の自分自身なのだ。

その過去の自分が未来を案内してくれる。

 

気持ちを落ち着けて、純度高く。

 

過去の自分に指南してもらいたいものだ。

 

 

いつもの自分がやらないほうをやってみる

いつもの自分がやらないほうをやってみる