ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

すぐにでもスゴい人のところへ飛び込んで、その「スゴさ」を実感してほしい

ブログを通じて出会った「憧れの人」たち

僕がはてなでブログを始めたのは2年ほど前。

新しい世界に飛び込むと、新しい出会いがある。

 

2年間、はてなブログと、1年ちょっとワードプレスでブログを書いていると、この人すげぇ!!という人に出会うのだ。

そのスゴい人たちに混ざって、ブログ座談会をした。

 

調子に乗って手を挙げたものの、開催日が近づくにつれてブルーになっていったのはココだけの話。

 

憧れの人に囲まれたオンライン座談会

主催者のAさん、Bさん。

参加者のCさん、Dさん、そしてスズキ。

あとは、取りまとめ、記録をしてくださるEさん。

 

平日の夜にビデオチャットシステムを使っての座談会。

仕事を無理やりにでも終わらせて参加したのだった。

 

テーマは「ブログ」

もちろんテーマはブログ。

参加者の3人のブログに対して、それぞれが「良い点」「こうしたら良くなる点」をアドバイスしあう。

僕も僭越ながらアドバイスした。

 

主催者の2人は、キャリアも長いし、アクセスも集める敏腕ブロガー。

参加してる人も、アクセスをゴリゴリ集めるブロガーさん。

同じ検索ワードでいつも負けているのが悔しい!!1

一つ上にその人のブログがあることが多い。

 

それぞれが、それぞれのブログに対しておもうことを言う。

持ち時間は1人のブログに対してそれぞれが5分。

20分もアドバイスをしてもらえるなんて、夢のような話。

 

こだわりがスゴい

ブログのコンサル、書き方講座とは全く違う雰囲気で始まった。

タイトル、文章は当たり前で、そこへのアドバイスは無かったように思う。

 

その次のフェーズの話ばかりだった。

まるで企画会議に参加しているようだったのだ。

 

  • アイテムのセンタリング
  • 画像の配置ズレ
  • キレイだけじゃ受け入れられないこと
  • 影をつけるかつけないか
  • ユーザー導線はどう考えているか

というようなデザインの話。

 

その他にも、

  • このブログを活かす運営方法
  • 何を目指して作り上げていくか
  • サイトを認知、拡大するための準備

など、総合的にブログを良くしていく為の話が聞けた。

 

視座が高い

ありがたいことにお互いを知っているので、踏み込んだ話ができたのかもしれない。

ただ、強く感じたのは「視座が高い」ということ。

 

目の前にある記事が「良い」「悪い」ということではなく、サイト全体を見たときに。

サイトだけにとどまらず、これからの運営スタイル、自分とサイトとの付き合い方。

そういった広い目線でサイト、ブログを見ているのだ。

 

そうかと思えば、一つ一つの小さなデザイン、テーマ、アイコン。

細かなところまで見てくれている。

みんなそこまで見てきているのだろう。

 

当たり前のようにそれをこなしてきた結果、何十万PVという成果につながっているのだ。

 

一流のレストランのように

一流のレストランのサービスがスゴいらしい。

と聞いたところで、体験してみないとスゴさは分からない。

 

一流のサービスを体験するには。

一流のレストランに行けばいいだけのこと。

 

「すげぇーー」しか言えないかもしれないが、その「スゴさ」をリアルに実感すること。

そこまでやってるんだなぁと思うキッカケがあるはず。

リアルな「すげぇ」を体験するためにも、「スゴい」人たちの輪に入ることが大事なのだった。

 

明らかにレベルが高い刺激

今回、スゴい仲間に囲まれて、リアルなブログアドバイスを聞き、リアルなブログアドバイスをして頂いた。

3段も4段も上のほうにいる仲間、一流レストランと同じ存在だ。

 

始まる前は「このスゴい人たちの中で話を聞くのは嫌だなー、分不相応だなぁ」とブルーになっていた。

事実、吸収しきれなかったこともたくさんあるし、分不相応だと思っている。

 

が、そこに飛び込んで話を聞けたことが、何よりもの成果だった。

 

  • 一流の人は、こんなことを考えているのか。
  • 一流の人は、そこまで気にするのか。

 

随分と背伸びをして参加したことで、僕は火をつけられた。

まだまだ上を目指していきたいから。

上のほうの人の意見は、ある意味現実的で、リアルで、心を引っ張られるものだった。

 

もし心のどこかに「僕なんか、まだまだなんで」と思うようなことがあったら、それは捨てたほうがいい。

無理やりにでもスゴい人と接して、「スゴいとはこういうことだ!」というエッセンスをもらったほうがいい。

 

 

「スゴい」人たちのところに飛び込んだら、リアルに「スゴい」を体験できた。