ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

自分が失敗したときに気付く他人の優しさ

いつの間にか、他人のやさしさを忘れてしまうことがある。

何か失敗して、しまったなーと思ったときに。優しく手を差し伸べてくれる人がいる。

大事にはせず、早めにリカバリーしてね。というタイプの人。

 

いつの間にかその優しさに気付かなくなってしまい、当たり前だと思ってしまう。少しの食い違いで、傷口が広がったり、バッファがない状態になってしまう。

いつの間にか、細かなコトに気がつかなくなってしまうのだ。

 

今日も友人のやさしさに助けられた。ずいぶんと相手をお待たせすることになった。何度もそういうことがあったけど、温かく見守ってくれている。

その温かさのおかげで、緊張感がなくなり、ご迷惑をおかけすることに。

 

恩を仇で返すようなことはやめて、優しさをプラスに変えていけるような。気持ちを整えていかないといけないものだ。

 

 

人生で大切なたったひとつのこと

人生で大切なたったひとつのこと