ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

脳みそに汗をかきたい

ぬるま湯につかってしまうと、それがちょうどいい心地になってしまう。

誰かにグサっと指摘されないと、ぬるま湯であることすら忘れてしまう。

 

ふと数か月前、数年前の自分を振り返ってみたとき。

「あの頃は全力で走っていたなー」と思い出すのだ。

スキルと経験と仲間によって、全力で走ることがなくなった。

 

ある程度のことは頭の中で予測でき、起こりうるトラブルの対処も事前にできるようになった。

真剣に考えなくても、上手くいくことが増えた。

 

となると、色々が惰性になってしまう。

本気レベルが下がっているので、ところどころでミスが出てくる。

といっても、自分の中でリカバリーできるものなのだが。

 

スキルと経験と仲間が手に入ったなら、それらをうまく活用し、さらなるレベル向上を目指すのが本筋だろう。

ともなると、まずは脳みそに汗をかかなければならない。

頭をフル回転させるというのは、非常に難しいことだ。

身体であれば、走ったり動き回ったりすればいいのだけど。

 

頭をフルに使うとは、いったいどういうことなのだろうか。

動きが見えないだけに、判断しづらい。本当に汗をかいてくれれば別なのだが。

 

9月に入ってから、頭がグルングルン回っている。

これだけ気持ちが混ざり合うのは久しぶり。

 

もっと頭を使いたい、もっとフル回転させたい。今やらないと、この先やらないだろう。やれなくなるだろう。

まさに今しかないのだ。

 

フル回転を目指して。脳みそに汗をかきたい。

 

 

脳ミソに汗をかけ―人と企業を育てる95の名言

脳ミソに汗をかけ―人と企業を育てる95の名言