ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

原動力を「イライラ」から「ハッピー」に変えたい

こんにちは、スズキ(@acogale)です。

気持ちが爆発しそうになるとき、爆発したとき。

自分が抑えられなくなるとき。

 

その原動力は「イライラ」です。

ムカツクことがあったとき、嫌なことをされたとき。

電車で足を踏まれたり、約束を破られたり。

そんなときは、自分が爆発しそうになります。

 

ちゃぶ台をひっくり返したくなる

「イライラ」が溜まってきて爆発したとき。

ちゃぶ台をひっくり返したくなります。

 

でかい声を出して、暴れまわってやりたい。

そうでもしないと自分自身が壊れてしまいそうになる感覚。

自分の気持ちが抑えられない感覚。

それのキッカケになるのは「イライラ」なんですよ。

 

イライラしていることに、イライラしてくる

いつの間にか、イライラしていることがイライラしてくることがあります。

原因の根本が自分にあるときは顕著に出てきます。

 

寝坊した→混んでる電車に乗ることに→満員電車は嫌い→足を踏まれてイライラマックス

 

イライラしている原因を作っているのは、自分の不手際。

だからイライラ度が上がれば上がるほど、自分自身にイライラしてきます。

 

「イライラ」から「ハッピー」へ

自分を抑えきれなくなるキッカケを「イライラ」から「ハッピー」にしたいんです。

嬉しくて嬉しくてたまらない様子、いつもニヤニヤしているような雰囲気。

 

楽しいことに包まれて、もうどうしようもなく幸せな気持ち。

そんな気持ちで、自分を抑えられなくなるくらいに満たされたい。

「イライラ」なんて忘れちゃって「ハッピー」でいっぱいになりたいんです。

 

イライラ吸収装置か、ハッピー溢れ出す装置か

ハッピーで満たされれるには。

イライラを取り除いてくれる装置があれば、負の方向にひっぱられなくなる。

どんどんハッピーになっていく。

または、イライラに勝つくらいの超協力なハッピー製造装置か。

 

イライラで動き出しているのは、自分自身にとってもったいないことなんですよね。

 

動き出すにはパワーがいる

イライラ、ハッピー、どちらにしても自分を抑えられなくなるときは、パワーが必要です。

それだけのパワーがいるということは、エネルギーもたっぷり使います。

 

だから、めっちゃ疲れます。

「めっちゃ疲れる」ということは、他の何かを犠牲にするということです。

別にやりたいことがあっでも、爆発することにエネルギーを使う。

 

だからこそ、イライラしたようなことにエネルギーを使いたくないのです。

僕はハッピーで満たされていたいのです。

 

何を変えるか、吟味する時期

ハッピーで満たされるためには。

自分の何かを変えていかないといけないでしょう。

 

それが何かが明確になっていないので、今から探しに行くところです。

何をキッカケに「イライラ」→「ハッピー」になるのか。

そういう自分との向き合い方もアリだな。と思った次第であります。

 

 

 

ちいさなことにイライラしなくなる本

ちいさなことにイライラしなくなる本

 

  

怒らない技術 (フォレスト2545新書)

怒らない技術 (フォレスト2545新書)