ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

できない人は、まず圧倒的に作業量が少ない

こんにちは、スズキ(@acogale)です。

自分が思うスゴい人って誰ですか。

一人じゃなくてもいいし、ちょっとスゴい人でもいい。

 

そのスゴい人と、終日過ごす機会を作ってみてください。

明らかに違うことがあります。

それは、作業量や練習量です。

 

尊敬する人、憧れの人、スゴい人。

なんとかして、一緒にいられる時間を作ってみてください。

 

表舞台じゃなく、それまでの過程で何をしているか。

 

絶対的な量が違うんですよ。

遊んでいるように見えて、実は裏で仕事をしているとか。

毎日飲み歩いているようだけど、時間短く密度高めに過ごし、そのあとに作業をするとか。

 

あなたが決めている毎日、毎週、毎月の作業量って適切ですか。

 

例えばピアノの練習。

毎日1時間やってます。

というのは、スゴいのか、まだまだなのか。

 

例えば野球の素振り。

毎日500回やるのは、スゴいのか、まだまだなのか。

 

あなたが必死でこなしているその回数が、まだまだスゴいレベルに達していないかもしれません。

 

質×量 がクオリティに反映されます。

どちらも高めていかなければいけませんが、最低限の量はやらなきゃいけない。

もっともっと、とにかくもっとやらなきゃいけない。

 

やらなきゃいけないことがたくさんある。

その板挟み。

 

そうなってからが本当の本気モードなのではないでしょうか。

 

何かを捨てなきゃいけない時期がくる。

今までやっていた「何か」を捨てることが、上達の近道なんですよ。

 

テレビを見る時間、お風呂にゆっくり浸かる時間。

何かを捨てなきゃいけないときがくる。

そうなったら、その時間分の成果をつかみ取ってやろうと。

 

質も上がっていくようになる、質を上げる気持ちになれるんです。

 

とにかくできる人のそばで観察していると。

やる時間が多い、無駄なものはどんどん捨てる。

 

もっとやろう、絶対的に量が足りていない。

もっとやることで、成果は必ずあがります。

 

語彙力を鍛える?量と質を高めるトレーニング? (光文社新書)

語彙力を鍛える?量と質を高めるトレーニング? (光文社新書)