ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

考えてないで、ヤるしかないと思うこと

PDCAに変わり、See-Think-Plad-Doも大事だよ。

と言われることもある。

 

だからじっくり考えるのも悪いことじゃない。

とはいえ、やってみたらいいんじゃないかなと思うこともしばしば。

ここ1年くらいで思うのは、意外とやってみたらうまくいく。

というか、うまくいくようになんとかする。

 

やべぇ、やべぇ、と思うとき、真っ青になるときは、本番環境だからだよ。

そうやって失敗したり痛い目を見るから、次は気をつけようと考える。

 

走り出している人へのアドバイスはお互いのためになる。

そのアドバイスそのものが、トライアンドエラーの実験にもなるから。

 

走り出すのが怖いなら、練習する時間を作ればいい。

ある程度の納期を決めてやるしかないんですよね。

 

僕の場合、だいたいの練習期間は1年だった。

1年間、参加者側で取り組んできたことは、1年後に主催者側になっていた。

 

月に1回、それを12回も参加したら、おおよそのことが見えるようになる。

ようやく一歩踏み出すことができる。

 

ちょっと時間が掛かったけど、一歩踏み出せたことはよかった。

だから、やっぱりやったほうがいい。

 

 

一歩踏み出せ!―出直しが人生を面白くする

一歩踏み出せ!―出直しが人生を面白くする